行事のご案内>会員企業主催
   
件数:22
ページ数:2/5
名 称
トヨタ博物館
日 時
2018年2月10日(土)〜4月15日(日)

[開館時間] 9:30〜17:00 (入館受付は16:30まで)
[休館日] 月曜日(祝日の場合は翌日)および年末年始
場 所
〒480-1118 愛知県長久手市横道41-100

ご見学・お問合せ専用電話番号 0561-63-5155
定 員
内 容
1960年代へ、写真年表をご覧いただきながらタイムスリップし、誕生した車を世相とともに展示し、その当時の空気とエネルギーを感じていただきます。

※割引優待券あり。トヨタ博物館のウェブサイトをご参照ください。
 http://www.toyota.co.jp/Museum/exhibitions/data/energetic-Japan/index.html
料 金
一般大人1000円

名 称
たばこと塩の博物館
日 時
2018年1月23日(火)〜4月8日(日)

開館時間 午前10時〜午後6時(入館締切は午後5時30分)
休館日  月曜日(2月12日を除く)、2月13日(火)
場 所
たばこと塩の博物館 2階特別展示室

〒130-0003 東京都墨田区横川 1-16-3
電話 03-3622-8801(代表)
定 員
内 容
日本玩具博物館(姫路)が有する、日本を代表する「ちりめん細工」コレクション。2006年に当館と共催にて行い好評を博した「ちりめん細工」展に続き、今回の展示では新たな作品を加え、再び「ちりめん細工」の優しい魅力を紹介します。


主催:たばこと塩の博物館、日本玩具博物館
料 金
大人300円

名 称
公益財団法人竹中大工道具館
日 時
2017年12月16日(土)〜 2018年2月18日(日)

開館時間  9:30〜16:30(入場は16:00まで)
休館日   月曜日、年末年始(12/29〜1/3)

場 所
竹中大工道具館1Fホール

〒651-0056神戸市中央区熊内町7-5-1
TEL 078-242-0216
定 員
内 容
森の国フィンランドでは、木は日常生活の一部として欠かせない存在です。フィンランドデザインは、何世代にも渡る人々の日々の暮らしの中で、自然、シンプル、質素、美と機能性の調和から生まれました。フィスカルス村に拠点をおくニカリ社は、熟練した職人の技を家具製作に活かしたデザインが特徴の会社で、フィンランドの現代文化の先駆者といわれます。伝統と革新を融合させるユニークな発想は、多くの若い才能を引き寄せ、フィンランドの現代デザインでもっとも注目される存在となりました。本展覧会ではフィスカルス村に住んで創作活動を行っている作家とその作品も展示します。ニカリとともに育んだ工芸村フィスカルスの歴史。その物語についてご紹介します。
料 金
 一般500円 ※常設展観覧料を含む

名 称
株式会社IMAGICAウェスト
日 時
*11月16日(木) 13:00〜 会場:IMAGICAウェスト(大阪)

*11月17日(金) 13:30〜 会場:IMAGICA(東京)
場 所
11月16日(木)蟹MAGICAウェスト(大阪)

11月17日(金)蟹MAGICA(東京)
定 員
大阪:30名、東京:50名
内 容
9月に開催いたしました「フィルム事業者のための『リスクアセスメントに関するせセミナー』」に続き、第2回目の開催!

外部講師をお招きし、前回セミナーをさらに掘り下げ、各職場で実践するための技術セミナーです。

お誘いあわせのうえ、ふるってご参加ください。


◆フィルム事業者のためのリスクアセスメント技術セミナー

概要:
2016年の労働安全衛生法の改定・施行により、酢酸を含む約640種類の化学物質について、取り扱い作業場におけるリスクアセスメントの実施が義務化されました。
映画フィルムの周りに漂う酸っぱい臭い、すなわち酢酸は厚生労働省が定めるリスクアセスメントの対象になります。
9月に全体の概要についてのセミナーを実施いたしましたが、今回は外部のスペシャリストも交えて、 実際に各職場で実施できるリスクアセスメントについて、ご紹介いたします。

<セミナー内容>

*フィルムの構造と劣化のメカニズム(70分) 講師:佐野千絵氏(東京文化財研究所)

*労働安全衛生法の改正によるリスクアセスメントの実施(70分) 講師:宮村隆喜氏(株式会社TPC)

*ラボのリスクアセスメントと保護対策の実例(70分) 講師:IMAGICAウェスト

料 金
15,000円

名 称
たばこと塩の博物館
日 時
2017年11月3日(金・祝)〜2018年1月8日(月・祝)

開館時間 午前10時〜午後6時(入館締切は午後5時30分)
休館日  月曜日(1月8日を除く)、12月29日(金)〜1月3日(水)
場 所
たばこと塩の博物館 2階特別展示室

〒130-0003 東京都墨田区横川 1-16-3
電話 03-3622-8801(代表)
定 員
内 容
日本輸出工芸研究会会長である金子皓彦氏は、幕末から明治期に制作された輸出用工芸品としての寄木細工・芝山細工・麦藁細工等を中心に資料収集に努めていますが、一方で「やきもの」「漆器」に対する造詣も深く、今日“和モダン”と称される分野の資料を、たばこに関係するものも含めて数多く所蔵しています。本展では、これら金子皓彦コレクションを中心に、美術工芸品のみならず様々なモノに宿る美の世界を紹介します。

料 金
一般・大学生 300円