行事のご案内>会員企業主催
   
件数:22
ページ数:1/5
名 称
江崎グリコ株式会社 江崎記念館
日 時
2018年5月21日(月)〜9月28日(金)

開館日  月〜金曜日【要予約】、第1・3土曜日【予約不要】
開館時間 10:00〜16:00(最終入館時間15:30)
休館日  第2・4・5土曜・日曜・祝日・盆休み(8月11日〜8月19日)
     *下記日程はイベント開催のため臨時開館します。
      7月22日(日)、8月5日(日)、9月16日(日)、9月17日(月)

ご予約:06-6477-8257
場 所
江崎グリコ株式会社 江崎記念館

大阪市西淀川区歌島4-6-5
定 員
内 容
グリコグループの楽しく学べる工場見学施設「グリコピア」の第1弾は、1988年4月に開館したグリコピア神戸(神戸市西区)でした。グリコピア神戸は創業者江崎利一の創業の精神「創意工夫」に基づき、生産ラインだけでなくお菓子の知識と食文化を楽しく学べる展示・アトラクションを加えたユニークな見学施設として開館しました。その後2012年10月にグリコピア・イースト(埼玉県北本市)、2017年7月にグリコピア CHIBA(千葉県野田市)を開館し、3館で累計約255万人の方々に来館していただいています。

現在グリコピア神戸は改装のため、2018年5月7日(月)から9月下旬まで休館しております。秋のリニューアルオープンまでの間は「江崎記念館」にぜひご来館ください。
料 金
無料

名 称
パナソニックミュージアム 松下幸之助歴史館
日 時
2018年4月28日(土)〜6月30日(土)

【開館時間】午前9時〜午後5時
【休館日】日曜日・年末年始
 ※特別企画展等開催期間中、開館時間が変更になる場合があります
場 所
パナソニックミュージアム

〒571-8501 大阪府門真市大字門真1006
定 員
内 容
真の使命を知った幸之助が、さらなる発展を期して移転してきた門真。なぜ門真に移ったのか、そしてどのような発展を遂げてきたか。また、門真の街はどのように移り変わってきたのか。創業100周年の今、みなさまへの感謝とともに、当時を振り返ります。

(協力:門真市 京阪ホールディングス株式会社)
料 金
無料

名 称
竹中大工道具館
日 時
2018年5月12日(土)〜 7月16日(月・祝)

開館時間 9:30〜16:30(入館は16:00まで)
休館日 月曜日

場 所
竹中大工道具館 1Fホール

〒651-0056神戸市中央区熊内町7-5-1
TEL 078-242-0216
定 員
内 容
日本を代表するモダニズム建築の傑作として2017年に重要文化財に指定された「聴竹居」を取り上げます。自邸として「聴竹居」を設計した藤井厚二は、竹中工務店設計部の黎明期に在籍しその基礎をつくり、その後、京都大学で環境工学を学問として確立しながら、その実践としての「住宅」の設計に没頭しました。藤井による真に日本の気候風土にあった住宅群は、“環境の世紀”21世紀の今、我々に様々な示唆を与えてくれます。2018年は藤井厚二の生誕130年、没後80年、そして聴竹居建設90年目に当たります。その節目の年に、自邸「聴竹居」を中心に現存する幾つかの住宅作品を通じて「其の国を代表する建築は住宅建築である」と言う名言を残した藤井厚二の「日本の住宅」への想いを紹介する展覧会を開催します。

なお本展は2009年にGallery A4にて開催された「聴竹居」と藤井厚二展をベースとし、近年に発見された新たな資料を付加して、より充実した内容を準備しています。
料 金
一般500円

名 称
帝国データバンク史料館
日 時
2018年3月21日(水・祝)〜5月20日(日)

開館時間:10:00〜16:30 (入館は16:00まで)

※会期中は常設展示も合わせ、通常は休館日である土日祝日も開館します。
場 所
帝国データバンク史料館

〒160-0003 東京都新宿区四谷本塩町14-3
TEL:03-5919-9600(直通)
定 員
内 容
地域で生まれ、社会に根ざし、日本を物語る地場産業。現在、日本には約700もの産地があります。本展では、産地の「地」と「智」にスポットをあて、“讃”業となづけ、当館にとって初となる産学連携プロジェクトで企画を進めてきました。
地場産業に造詣の深い研究者と、経済・経営・歴史・地理学等を学ぶ学生、そして帝国データバンク史料館による研究成果をパネルやデジタルメディアで展示します。

料 金
無料

名 称
公益財団法人竹中大工道具館
日 時
2018年2月24日(土)〜 5月6日(日)

開館時間 9:30〜16:30(入場は16:00まで)
休館日  月曜日(祝日の場合は翌日)
場 所
竹中大工道具館 1Fホール

〒651-0056 兵庫県神戸市中央区熊内町7-5-1
Tel. 078-242-0216
定 員
内 容
日本が世界に誇るアニメーションの文化。その中で日本の伝統建築はどのように描かれてきたのでしょうか。

スタジオジブリのアニメーション作品にはドラマが起こる舞台として、たくさんの日本建築が登場します。本展覧会では、本館が展示協力として携わった「ジブリの立体建造物展」から、「となりのトトロ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」などに登場する日本の建築を採り上げ、建築史家・藤森照信氏の監修により紹介します。作品に登場する建物に関連する背景画や美術ボード、美術設定といった制作資料(複製)を公開するほか、「となりのトトロ」に登場する草壁家住宅を一部、立体で表現し、その設計の源に触れます。


主催:竹中大工道具館  
企画制作協力:スタジオジブリ、三鷹の森ジブリ美術館
後援:神戸新聞社
協力:ア・ファクトリー、さんけい
料 金
一般500円