行事のご案内>会員企業主催
   
件数:26
ページ数:1/6
名 称
公益財団法人竹中大工道具館
日 時
2018年10月6日(土)〜 12月2日(日)

開催時間  9:30〜16:30(入場は16:00まで)
休館日  月曜日(祝日の場合は翌日)
場 所
竹中大工道具館 1Fホール

〒651-0056神戸市中央区熊内町7-5-1
TEL 078-242-0216 / FAX 078-241-4713
定 員
内 容
世界にはいろいろな木造建築があり、地域ごとにその特性が現れた形となっています。気候や材料などの環境特性ばかりではなく、人が生活するためにつちかわれた信仰や対外的な交流など、さまざまな要因が建築に反映されています。
本展覧会では、東南アジア島嶼部と呼ばれる大小さまざまな島からなる地域に焦点をあて、その建築と生活文化について紹介します。なかでもこの地域の主要な民族であるオーストロネシア語族(フィリピン、インドネシア、マレーシアとベトナムにまたがる)は、アニミズムを基層としながら、隣接する中国やインド、そしてイスラムの影響を受け、植民地時代以降はヨーロッパからの影響も入り、民族ごとにユニークで多様な建築世界を形づくってきました。そんな地域の建築をつくる技術とはどんなものなのでしょうか。道具を携えて渡来した職人もいれば、そもそも職人そのものが存在しないところもあります。身近な生活圏から得られる材料を熟知し、使いこなす知恵。多様な文化が混在する東南アジアの世界を、建築技術の側面から垣間見てみたいと思います。
料 金
一般500円、シニア200円

名 称
(主催)グリコ展実行委員会 (協力)江崎グリコ株式会社
日 時
2018年7月21日(土曜日)〜9月2日(日曜日)

開館時間 9時30分〜18時

※7月21日(土曜日)のみ11時〜18時
場 所
佐賀県立美術館 3・4号展示室

〒840-0041 佐賀県佐賀市城内1-15-23
定 員
内 容
佐賀県が生んだ偉人江崎利一の功績を紹介するとともに、時代を彩った江崎グリコのお菓子や広告等を通して、江崎利一の成功に至るまでの創意工夫の数々を紹介し、楽しんでいただくものです。

本展では、利一の創意工夫によって生まれたグリコのハート型ローラー、昭和初期の映画付きグリコ自動販売機のレプリカ、歴代の大阪道頓堀ネオンサインのジオラマ、数百点にのぼるグリコのオマケ等、江崎グリコにまつわる貴重な資料を展示します。

また、グリコワゴンの展示や、クイズに答えて素敵なプレゼントがもらえる「ゴールイン・クイズラリー」(毎日先着100名)等の関連企画、イベントもあり、大人から子どもまで楽しめる内容となっております。
料 金
当日券600円(税込) *高校生以下無料

名 称
公益財団法人竹中大工道具館
日 時
2018年8月20日(月)〜 9月28日(金)

開催時間  10:00〜18:00(8/26は10:00〜15:00)
休館日  日曜・祝日(8/26のみ15:00まで開館)
場 所
Gallery A4(ギャラリーエークワッド)

東京都江東区新砂1-1-1 竹中工務店東京本店1F
定 員
内 容
世界にはいろいろな木造建築があり、地域ごとにその特性が現れた形となっています。気候や材料などの環境特性ばかりではなく、人が生活するためにつちかわれた信仰や対外的な交流など、さまざまな要因が建築に反映されています。
本展覧会では、東南アジア島嶼部と呼ばれる大小さまざまな島からなる地域に焦点をあて、その建築と生活文化について紹介します。なかでもこの地域の主要な民族であるオーストロネシア語族(フィリピン、インドネシア、マレーシアとベトナムにまたがる)は、アニミズムを基層としながら、隣接する中国やインド、そしてイスラムの影響を受け、植民地時代以降はヨーロッパからの影響も入り、民族ごとにユニークで多様な建築世界を形づくってきました。そんな地域の建築をつくる技術とはどんなものなのでしょうか。道具を携えて渡来した職人もいれば、そもそも職人そのものが存在しないところもあります。身近な生活圏から得られる材料を熟知し、使いこなす知恵。多様な文化が混在する東南アジアの世界を、建築技術の側面から垣間見てみたいと思います。
料 金
無料

名 称
(公財)渋沢栄一記念財団
日 時
2018年7月12日(木)〜2018年12月9日(日)

開館時間 10:00〜17:00 *最終入館は16:30
会期中の休館日 7月16日、9月17日、24日、10月8日を除く月曜日、7月17日、8月14日、9月18日、25日、10月9日、11月6日、27日
場 所
渋沢史料館 企画展示室

東京都北区西ヶ原2-16-1 飛鳥山公園内

定 員
内 容
 渋沢平九郎(1847〜1868)は、渋沢栄一の養子となった人物です。本年は鳥羽伏見の戦いを機に戊辰戦争がはじまってから150年、平九郎没後150年になります。
 平九郎は弘化4年(1847)、武蔵国榛沢郡下手計村(現・埼玉県深谷市)の尾高家に生まれました。慶応3年(1867)、幕臣となっていた栄一は、将軍名代の徳川昭武に随行して渡仏しました。その際、平九郎は栄一の養子となり江戸で幕臣の子としての生活をはじめます。
 翌年には新政府軍が江戸へせまるという事態に直面します。そして平九郎は彰義隊結成に参画し、そこから分離した振武軍に参加して飯能(現・埼玉県飯能市)において新政府軍との戦いに臨みました。
 本展では、20歳で亡くなった平九郎が幕末維新の激動期にどのような決断をして行動したのかを、その想いとともにご紹介いたします。
料 金
一般 300円

名 称
江崎グリコ株式会社 江崎記念館
日 時
2018年5月21日(月)〜9月28日(金)

開館日  月〜金曜日【要予約】、第1・3土曜日【予約不要】
開館時間 10:00〜16:00(最終入館時間15:30)
休館日  第2・4・5土曜・日曜・祝日・盆休み(8月11日〜8月19日)
     *下記日程はイベント開催のため臨時開館します。
      7月22日(日)、8月5日(日)、9月16日(日)、9月17日(月)

ご予約:06-6477-8257
場 所
江崎グリコ株式会社 江崎記念館

大阪市西淀川区歌島4-6-5
定 員
内 容
グリコグループの楽しく学べる工場見学施設「グリコピア」の第1弾は、1988年4月に開館したグリコピア神戸(神戸市西区)でした。グリコピア神戸は創業者江崎利一の創業の精神「創意工夫」に基づき、生産ラインだけでなくお菓子の知識と食文化を楽しく学べる展示・アトラクションを加えたユニークな見学施設として開館しました。その後2012年10月にグリコピア・イースト(埼玉県北本市)、2017年7月にグリコピア CHIBA(千葉県野田市)を開館し、3館で累計約255万人の方々に来館していただいています。

現在グリコピア神戸は改装のため、2018年5月7日(月)から9月下旬まで休館しております。秋のリニューアルオープンまでの間は「江崎記念館」にぜひご来館ください。
料 金
無料