報告>ビジネスアーキビスト研修講座
   
件数:12
ページ数:2/4
第21回ビジネスアーキビスト研修講座
日 時
■基礎コース:10月7日(金)・14日(金)・19日(水)・28日(金)

■応用コース:11月4日(金)・11日(金)・17日(木)・25日(金、12月2日(金)・9日(金)

■時間:1コマ目13:30〜15:00 2コマ目15:15〜16:15(各日共通)
 ※応用コース3のみ @13:30〜16:00(途中休憩)A16:10〜17:30
 ※基礎コース初回10月7日は、13:20からオリエンテーションを行います。  
場 所
東京大学本郷キャンパス 経済学研究科学術交流棟(小島ホール)

東京都文京区本郷7-3-1 
 
本講座は、企業や団体において史資料の管理や社史編纂、博物館などの業務に携わるビジネス
アーキビストの育成を目的としています。企業史料やビジネスアーカイブズ(企業アーカイブズ)
の目的・意義、資料やデジタル情報の管理・活用・保存など、ビジネスアーカイブズに必須の
知識を、各分野の専門家が講義し、「事例研究」では企業における優れた事例を実際の担当者が
紹介しています。

コースは、ビジネスアーカイブズの基本をしっかりと学ぶ初心者向けの「基礎コース」と、
テーマを絞って深く学び、講師との意見交換も行う経験者向けの「応用コース」に分かれ、
企業の幅広いアーカイブズ活動を担うアーキビストの水準向上につながるカリキュラムを組んで
います。

本年も多くの方に受講いただき、ありがとうございました。第21回の講座では、基礎・応用の
全コースを受講された方8名に修了証を授与いたしました。


≪第21回ビジネスアーキビスト研修講座 カリキュラム≫

■基礎コース

基礎1 10月7日(金)
アーカイブズの意義とアーキビストの役割
学習院大学大学院人文科学研究科教授 安藤 正人

基礎2 10月14日(金)
企業制度の発達と企業史料
東京大学名誉教授 武田 晴人

基礎3 10月19日(水)
「社史とアーカイブズ」概論
東京理科大学大学院イノベーション研究科教授 橘川 武郎

基礎4 10月28日(金)
レコードマネジメントとアーカイブズ
鰹o版文化社 アーカイブ研究所所長 小谷 允志


■応用コース

応用1 11月4日(金)
資料の収集、評価・選別、管理と活用
麗澤大学大学院経済学研究科教授 佐藤 政則

応用2 11月11日(金)
ビジネスアーカイブズに関わる著作権等の法律について
ライツ法律特許事務所弁護士・弁理士 伊藤 真

応用3 11月17日(木)
@ビジネスアーカイブズでの資料の保存と管理
国立文化財機構東京文化財研究所文化財情報資料部長 佐野 千絵
A経済学部資料室(解説と見学)
東京大学大学院経済学研究科講師 小島 浩之

応用4 11月25日(金)
@企業とミューアジアムの関わりについて
樺O青研究所文化空間情報部部長 石川 貴敏
A 事例研究:企業ミュージアム
花王潟Rーポレートコミュニケーション部門  久保野 由美

応用5 12月2日(金)
@企業資料デジタル化の実践と課題
竃x内カラー アーカイブサポートセンター所長 肥田 康
A 事例研究:企業の資料室と企業資料のデジタル活用
褐ユ屋 虎屋文庫研究主任 所 加奈代

応用6 12月9日(金)
@ 紙資料の保存・修復
(公社)日本図書館協会資料保存委員会委員長 眞野 節雄
A 事例研究:企業の中の資料室
ライオン 総務部社史資料室室長 松村 伸彦



 

ビジネスアーキビスト研修講座(関西開催)
日 時
2016年3月15日(火)10:15〜17:00(10:00受付開始)
 
場 所
大阪企業家ミュージアム 会議室

大阪市中央区本町1-4-5 大阪産業創造館B1F
TEL 060-4964-7601
 
わが国唯一のビジネスアーキビスト対象講座として東京で30年続く講座を、今回初めて関西で
開講しました。企業・団体の史資料管理や社史編纂、博物館などの業務に携わるビジネス
アーキビストの研修のため、資料の管理や保存、活用などについて、優れた講師や実際の企業
内経験者が講義しました。


〈カリキュラム〉

■講義 1  10:15〜11:45
テーマ 紙資料の保存と対策 
講 師 金山正子(公益財団法人元興寺文化財研究所文化財調査修復研究GL)
ねらい 紙資料劣化要因と対策、日常業務での管理方法や取り扱い上の留意点を学ぶ。


■見学  12:45〜13:45 
大阪企業家ミュージアムの見学(解説付き、受講者対象) 


■講義 2  13:50〜15:20
テーマ 資料のデジタル化とその活用について 
講 師 茂原 暢(公益財団法人渋沢栄一記念財団情報資源センター長)
ねらい 膨大な実業史資料を集めた『渋沢栄一伝記資料』や社史索引データベース作成等の
    事例を通して、企業史料におけるデジタル化の意義と活用方法を考える。


■講義 3   15:30〜17:00
テーマ 資料の収集、評価・選別、管理と活用 
講 師 佐藤政則(麗澤大学経済学研究科教授)
ねらい 企業史料の収集から、保存すべき資料の評価・選別、整理・活用までのシステムに
    ついて、豊富な参考事例によって学ぶ。デジタル時代に対応する資料管理システム
    についても考える。



 

第20回ビジネスアーキビスト研修講座
日 時
2015年10月1日(木)〜12月10日(木) 13:00〜16:15

毎週木曜日開講・全10日間  ※ただし11月5日は休講。

■基礎コース 

平成27年10月1日・8日・15日・22日(木) <4日間通し>

■応用コース 

平成27年10月29日(木)、11月12日・19日・26日(木)、12月3日・10日(木) 
<希望日選択>

 
場 所
東京大学本郷キャンパス 小島ホール1階 第1セミナー室

東京都文京区本郷7-3-1
 
本講座は、企業・団体において史資料管理や社史編纂、博物館などの業務に携わるビジネス
アーキビストのための、わが国で唯一の研修の場です。ビジネスアーカイブズ(企業アーカ
イブズ)の意義や、資料やデジタル情報の管理・活用・保存の基礎知識を、各分野の優れた
講師や実際の企業内経験者が講義し、質疑に応じます。

本年も、初心者向けにビジネスアーカイブズの全般を学ぶ「基礎コース」を、経験者向けに
はテーマを絞り講師との意見交換も行えるような「応用コース」を設け、企業の幅広いアー
カイブズ活動の水準向上に資するような講義を揃えました。

今年度は基礎コース(4日間)を28名、応用コース(全6日間)は延べ144名の方が受講
されました。基礎・応用全コースを受講された6名の方には修了証をお渡ししました。


<カリキュラム>

■基礎コース

基礎1 10月1日(木)
「アーカイブズの意義とアーキビストの役割 」
 学習院大学教授 安藤正人

基礎2 10月8日(木)
「レコードマネジメントとアーカイブズ」
 鰹o版文化社アーカイブ研究所所長 小谷允志

基礎3 10月15日(木)
「『社史とアーカイブズ』概論」  
 東京理科大学教授 橘川武郎
 
基礎4 10月22日(木)
「企業制度の発達と企業史料」
 東京大学名誉教授 武田晴人

■応用コース

応用1 10月29日(木)
「資料の収集、評価・選別、管理と活用」
 麗澤大学教授 佐藤政則

応用2 11月12日(木)
「ビジネスアーカイブズに関わる著作権等の法律について」
 ライツ法律特許事務所弁護士・弁理士 伊藤 真

応用3 11月19日(木)
@「ビジネスアーカイブズでの資料の保存と管理」
  国立文化財機構東京文化財研究所 佐野千絵
A「資料の劣化要因と保存対策」
  概Tトレーディング 神谷修治
B 経済学部資料室見学     
  東京大学講師 小島浩之

応用4 11月26日(木)
@「企業資料デジタル化の基礎知識」   
  尚美学園大学准教授 樫村雅章
A「企業資料デジタル化の実践と課題」
  竃x内カラー 肥田 康

応用5 12月3日(木)
@「企業とミューアジアムの関わりについて」
  樺O青研究所 石川貴敏
A「事例研究:企業博物館 製粉ミュージアム 記念館からミュージアムへ」
  鞄清製粉グループ本社 田中 良和

応用6 12月10日(木)
@「多様な価値を持つ企業アーカイブズとは」  
  (公財)渋沢栄一記念財団 松崎裕子
A「事例研究:社史編纂とアーカイブズ」  
  東洋紡梶@松下 豊・村上義幸